競馬予想会社の評判・口コミ情報サイト。JRA競馬の重賞レース(G1、G2、G3)の競馬予想・レース結果を無料配信!

競馬用語 た行

競馬用語辞典です。専門用語もこれで解決!
あ行 l か行 l さ行 l た行 l な行 l は行 l ま行 l や行 l ら行 l わ行

待機所

返し馬をおえた各馬が集まって輪乗りを行うところ。ここで馬を落ち着かせたり最終調整を行ってスタートを待つことになる。

待機馬

一定の期間、レースを使わずに休養を取りながら調整されている競走馬のこと。

対抗

予想印のひとつ。予想をする際に本命を負かせるとおもう競走馬につける印で、そのレースにおける2番手評価の馬に打たれる。一般的には「○」で表される。

大差

レースにおける着差のひとつ。後続に11馬身以上の差をつけること。

滞在競馬

トレセンから遠い所にある競馬場などで、競走馬を何日か前からレースの行われる競馬場に滞在させること。

帯同馬

競走馬が遠征する際に一緒に連れていく調教パートナーのこと。

タイムオーバー

平地競走において、1着入線馬から一定以上のタイムで入線した競走馬に対して課せられる出走制限のこと。

代用的中

枠連で、自分が狙った競走馬と同枠に入っていた馬が連に絡み、結果的に買った馬券が的中すること。

ダク

速歩(そくほ)、トロットのこと。

叩く

レースを使うこと。休養明けの競走馬などは仕上がり途上の場合が多く、一度叩いてから次のレースを目標に調整することが多い。

手綱

馬具のひとつ。騎手が馬上で握り、微妙な調整により競走馬に自分の意志を伝える。

タテ目

馬券で、A-B、A-Cという組み合わせにたいして、B-Cという組み合わせをタテ目という。

ダークホース

元々は「能力のわからない馬」という意味で、転じて人気の低い馬や穴馬のことを指す言葉。競馬だけでなく様々な場面で使われる。

ダートコース

砂地のコースのこと。ダートコースを得意とする競走馬をダート馬という。

種付け

種牡馬と繁殖牝馬を交配させること。一般的に日本では3月から5月の間に行われる。

ターフ

芝コースのこと。中央競馬が組んでいるGI競走のほとんどは芝コースで行われることから、格付けでいったらダートよりも高いとされる。

ターフビジョン

競馬場に設置されている大型の画面のこと。レースやパドックなどを大きな画面に映す。

単穴

予想印のひとつ。本命や対抗には落ちるが、本命を負かせる可能性のある穴馬に打たれる。

単騎逃げ

逃げ馬が一騎で先頭にたって逃げること。

短距離

レースで主に1000mから1400mの距離の事をいう。この距離を得意とする競走馬をスプリンターという。

ダンゴ

レース中、馬群が一段となってレースが展開されている状態。こういった場合、ほとんどが最後の決めての差で勝負が決まる上がりの勝負になる。

単勝式

馬券の購入形式のひとつ。レースで1着になる競走馬を予想する。一般的に単勝でもっとも支持を受けた馬を一番人気といい、レースの主役となる。

単走

競走馬の調教方法のひとつ。調教の際、一頭で走ること。

単枠指定

枠番連勝しかなかった時代に強い馬に与えられた1頭しか入れない枠のこと。

着外

入着の逆で、4着以下に負けること。

調教がけ

調教では好タイムで走るのになぜかレースでは凡走をする馬のことをいう。

強目

軽く手綱を動かし馬の反応をみる。

蹄鉄

馬のひづめに釘で打ち付け固定するU字型の鉄板の事。競走馬に使用されるものは、主に次の3種類に分類される。

蹄葉炎

馬の蹄の内部が血行不良を起こし、その結果激しい痛みを生じたり腐敗を起こしたりする病気のこと。

定量戦

各馬の負担重量を同じにしたレース。ただし牝馬(4歳以上)は2kg軽い斤量で出走できる。

テキ

隠語で調教師のこと。"騎手"を逆さまにして"手騎"を音読みにしたところから来ているという説がある。

鉄砲

長期休養明けにレースに使うことを「鉄砲使い」と言う。鉄砲使いで好走することを「鉄砲駆けする」、「鉄砲の効く馬」等という。

手前

馬が駆足で走るとき、右前脚が左前脚より前方(馬、騎手から見て遠い方)に着地して走ることを右手前と言い、逆に左前脚が右前脚より前方に着地して走ることを左手前という。右(左)手前から左(右)手前に変えることを手前を替えるという。

テン

"最初"とか"初めての"と言う意味。"テンの3ハロン"とはレースのスタート後最初の3ハロンのことで、"テン乗り"とはその馬に(乗り替わりなどで)初めて乗ることを意味する。

伝染性貧血

俗に伝貧(でんぴん)と呼ばれる法定伝染病のこと。症状は発熱・平常熱を2~4日間隔で繰り返しながら貧血し、痩せていく。感染した場合、法の定めにより安楽死させなければならない。

当歳馬

その年に生まれた馬で、とねっことも言われる。馬の年齢は数え年であったが、2001年1月から、外国の表示に歩調を合わせて、満年齢表記に変更された。競走馬としてレースに出走するためには、平地競走では、出生の日から起算して2年、障害競走においては3年以上経っていなければならない。

当日輸送

競馬開催日に出走馬を競馬場に輸送することで、関東なら美浦から東京、中山へ、また関西なら栗東から阪神、京都、中京へ当日輸送が行われている。ただ、美浦から東京への輸送は距離があり時間もかかることから、前もって競馬場への入厩も認められているが、使用頻度は極めて低い。

同着

2頭以上の馬が同時に決勝線に到着し、決勝写真をキャビネ判まで引き伸ばしても判定ができない場合に同着となる。同着の時の賞金は、例えば1着が2頭同着の場合1、2着の賞金の合計を折半する。また、賞状や賞品は同じ物を双方に渡すことになっている。連複馬券では1着同着の場合は関係ないが、単勝は両馬とも的中となる。2着が同着なら連複馬券も2通りが的中となる。これはあくまで2頭が同着の時のことで、3頭以上が同着ということもあり得る。

頭絡

細い革でできた馬具で、馬の頭から、頬、顎にわたっており、ハミを吊って馬の口の中に入れ、適当な位置を保たせるために使用するもので、馬を扱う場合の補助の役目もする。また、ハミをつけないものを端綱(はづな)という。厩舎関係者の間では頭絡のことを"天井(てんじょう)"と呼んでいる。

特払い

特別払い戻しのこと。競走は成立したが、たまたま的中券が1票も売れていないとき、その賭式のすべての勝馬投票券に100円につき70円の特別払い戻しをすることになっている。中央では昭和46年の福島競馬以来行われていないが、3連単の導入で特配が行われる可能性は高くなっており、地方競馬では既に何度か行われている。

特別登録

中央競馬の特別レースに出馬投票をする馬が必要な登録のことである。通常2回の特別登録が必要となるが、日本ダービー等のいわゆるクラシック競走においては3回の特別登録が必要となり、第1回の特別登録は前年の10月に、第2回は当年の1月に締め切られる。なお、クラシック競走の場合、第1回・第2回の特別登録をしていなくても、追加登録料を払うことで登録をすることが可能である。また、クラシックを除くG1・Jpn1競走は2週間前に第1回の特別登録が行われ、通常の特別レース(重賞を含む)は1週間前に特別登録が行われている。また、競走に出走するための最終的な申し込みのことを出馬投票(しゅつばとうひょう)といい、通常は競走の当該週の木曜日午後3時に締め切られる。

特別レース

〇〇特別、〇〇ステークス、〇〇賞などレースに名前が付けられている競走はすべて特別レースで、一般条件レースと異なり、特別登録を必要とする競走である。また、G1~G3など格付けされている重賞レースも特別レースに含まれる。

栃栗毛

栗毛の中で被毛がやや黒みがかった馬で、こげ茶色といった感じの毛色の馬。たてがみ、尾などの長毛は被毛と同色かその色を帯びた白色である。

トモ

馬体を大きく3つに分けて前躯、中躯、後躯と呼ぶが、その一番後方の後躯のこと。その中には尻、尾、股(もも)、後肢が入っているが、後肢そのものを指すことが多い。"トモ"は競走馬のエンジンの役割を果たすところで、いい馬とは逞しく伸びやかな後肢(トモ)をもっている。

トライアル

トライアルレースともいい、5大クラシック(皐月賞、ダービー、菊花賞、桜花賞、オークス)及び秋華賞、NHKマイルカップの前に行われるレースで、競走名とともに「○○トライアル」と記されているレースのこと。このトライアル競走の上位馬(競走ごとに定められた2着または3着)には優先的にそのレースに出走する権利が与えられている。

トラックマン

競馬専門紙の取材記者のこと。レースの予想、記事を書くために朝早くから馬の調教を観察し、攻め馬時計を採ったり、また厩舎を歩いて出走予定馬の状態を取材したりする。

トレーニングセンター

一般に「トレセン」といわれ、競走馬を1カ所に集めて合理的に調教する場所で、競走馬と厩舎関係者の一大団地ともいえる。昭和44年に滋賀県栗東町(当時。現在は市)にはじめてトレーニングセンターが完成し関西馬が集結した。その後昭和53年に茨城県美浦村に関東馬が集まるトレーニングセンターが完成、中央競馬の馬はこの二つのトレセンに集結している。また、現在は地方競馬にもいくつかのトレーニングセンターもできているし、「トレセン」と呼ばれる本格的な調教(仕上げに必要な攻め馬)施設を持つ民間の育成牧場も多くなっている。

トータリゼーター

勝馬投票券売上高表示機のこと。現在設置されているトータリゼーターは勝馬投票発売機と電子計算機、それに概算払い戻し表示機を直結したもので、トータリゼーターシステムと呼んでいる。大型コンピューターで一括処理を行うことにより勝馬投票が刻々オッズ(概算配当率)となって表示される仕組みになっている。

競馬予想の悪質詐欺等の情報

競馬予想会社一覧

このページの先頭に戻る